スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーは何が起こるかわからない

サッカーワールドカップ、南アフリカ大会で
日本代表がベスト16に入ると誰が予測できただろうか?
開幕前はマスコミをはじめ多くの人間が岡田ジャパンを批判し、
グループリーグ敗退を確信していた。

実力ではオランダが抜け出ていて、
2位をデンマークとカメルーンが争う。
4位は日本。

そんな予想をしていた。

確かに無理はなかった。
ワールドカップ前の親善試合では勝ち星を手にすることができていなかった。
お隣の国、韓国にも圧倒的な戦いぶりで負けた。

そして岡田監督の突然の守備的なシフトへの変更。
明らかにワールド杯直前にドタバタしすぎていた。

だが、、蓋をあけてみれば見事グループリーグを2位で突破し、
決勝トーナメント1回戦でもパラグアイ相手にPK戦にまでもつれるという奮闘。

日本中が感動した。
サッカー日本代表が教えてくれたこと。
それは、

どんな事でも最後まで何が起こるかわからない。

あきらめてはいけない。
可能性がある限りは。

岡田監督はじめ、選手達は批判されながらもよくここまで頑張ったなと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。