スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶力をアップしたけりゃ暗記方法は学べ

「頭が悪い、記憶力がないから私は受験で不利だ!定期試験で良い点が取れない!」

ホントにそうだろうか?
確かに個人差があり、暗記作業が得意、不得意な人はいるけれど、それほど大きな差はない。

本当にありえないくらい天才なのは全体の1%程であり、
後の99%は五分五分の能力と私は思っている。

では、99%の中でも他者に比べ覚える能力が突出している人間というのは??
本人に適した暗記方法を使用し、効率的にインプットしているからに他ならない。

たとえば、最近流行の記憶術。
主に右脳を使った、イメージにより覚える方法。
このやり方が自分に合っていれば、短時間で膨大な量を暗記する事が可能。

逆に、左脳を使った単語カードによる定番な方法、
脳科学者、茂木健一郎氏による五感を駆使したの鶴の恩返し法など、
比較的根気を要するやり方もある。

こういった様々な手段の中から最も自分に適した方法を知り、身につければ
記憶力をアップするのもそれ程難しい事でもない。

超暗記法!私の記憶術
暗記法を工夫して記憶力をアップさせる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。